• MOTOKI DENTAL CLINIC
  • クリニック紹介
  • 診療コンセプト
  • 費用・保証
  • アクセス
  • お問合せ
  • お問合せ・予約受付 092-558-2884
インプラントを知る

インプラントを知るKnow implant保険適用について

インプラントで保険が
適用となる条件とは

インプラント

インプラント治療も条件さえ整っていれば、保険が適用されます。できれば、「保険でインプラント治療を受けたい」という希望をお持ちの患者様も多いと思いますが、限られた症例でしか保険は適用されません。

インプラント治療の全てが保険適用外ではありません

平成24年度より歯科診療報酬改定が行われました。そのため、一部条件を満たす症例につきましては、
保険が適用されるようになりました。その条件とは、

  • 腫瘍や顎骨骨髄炎等の病気、事故により、上顎を1/ 3以上失っている状態であり、骨が欠けている部分が上顎洞あるいは鼻腔にもひろがっている。
  • 下顎を1/ 3以上失っている状態であり、病気の影響を受けて切除したという医学的根拠がある
  • 先天的理由により顎骨の1/3以上が失われている。あるいは、顎骨の形成不全

などの客観的にみてインプラント治療が最も望ましい限られたケースです。虫歯や歯周病で歯を失った場合には、保険適用外となります。

また、保険が適用となるインプラント治療は、病院(大学病院などの歯科・口腔外科)でしか受けられません。

インプラント治療に保険が適用されにくい理由とは

インプラント治療が限られた症例でしか保険が適用されないのは、

  • より高い審美性や機能性、耐久性を求める治療であるため
  • 入れ歯やブリッジの代替治療も行えるから
  • 国の医療費を抑制するため

といった理由があるためです。一般的なインプラント治療では保険が適用されないのです。

インプラントの治療費は、
医療費控除制度を利用すると抑える事ができます

インプラント治療で保険は適用されにくいですが、医療費控除の対象となるので、一部金額は戻ってきます。治療費を抑えることも可能です。

インプラントは保険が適用とならないため、費用が高額になりやすいですが、継続してメンテナンスを続けることで長期的に機能します。
入れ歯にしたくない、健康な歯を削りたくない、という方はぜひ福岡にありますモトキデンタルクリニックにご相談ください。